ブログ

万引き犯の老人が命と引きかえにしたもの

投稿日:

今日は寒さがもどってきました。
こんな寒い日に思い出す話しがあります。
島根県で普通に暮らしていれば貧困の実体を知る事は当事者以外ではほとんどないかもしれません。
この話しは私の後援会の友人が10数年ほど前に実際に体験したことです。
「大国君、僕は人が貧しさのために死ぬのを見たんだ」
その友人はそう語り始めました。
それは今日のように寒い日の夕方だったそうです。
出雲市内の大型ショッピングセンターでアルバイトをしていた彼は店の外が騒がしいので飛び出したそうです。
駐車場の片隅には人だかりが集まっていて、中心には警備員と倒れた老人の姿がありました。
そして血まみれの小刀がそばに落ちています。
老人に意識はなく服をはがしたら腹部から血がにじみ出ていたそうです。
この老人は万引きの常習犯で前々から店の警備員からマークされていて、この日ついに決定的な瞬間を捉えたので警備員は声をかけました。
すると小刀で警備員に斬りかかり、最後に自分の腹部を刺したそうです。
それは人に刃物をむけた自分の罪に絶望をしたのか、最初からそう決めていたのか今となってはわかりません。
手で圧迫止血をしながら救急車を待つ時間が長かったことと
「しっかりしろ、こんなバカな事で死んでどうする!」と怒鳴る警備員の叫び声が今も友人の耳に残っているそうです。
老人はその日の夜中に病院で誰に看取られることなく亡くなられました。
近くに身寄りはなく遠縁にあたる親戚も遺体の引き取りを拒んだので、ショッピングセンターの店長さんと市役所の課長さんが出席して小さな葬儀がおこなわれました。
老人が盗んだものは使い捨てカイロ、コーヒー牛乳のパック、小さなパンでした。
命と引き替えにするにはあまりにも小さな罪
友人は事件があった日も店の売れ残ったお弁当やお総菜をゴミ袋にいくつも捨てました。
このパンのために自分を刺さねばならないのか、たかだか300円ほどの使い捨てカイロを盗まねばならないほど寒かったのではないか。
老人の盗んだコーヒー牛乳を流しに捨て、小さなパンをゴミ袋に放り込む時、矛盾に満ちたいたたまれない気持ちになって涙が流れて仕方がなかったそうです。
貧困、老人の孤独、それらへの無関心。
豊かに思える島根の暮らしに初めて疑問をもったと教えてくれました。
今、地域の貧困問題が取りざたされていますが実体はさらに見えにくくなっています。
私は父親を10歳の時に交通事故で亡くし、母が苦労をして私たち兄弟を育ててくれました。奨学金をもらいながら大学を卒業しましたが、その時の縁で学生時代は貧困家庭を支援するさまざまな活動にも関わらせて頂きました。
その時、ほんとうに困っている人は声を上げたくても上げられないのだとしりました。
相談できなくて困っている人、公の支援を受けられずじっと耐えている人、貧しさのために進学を諦めた若者たち・・・。
それらは決して他人事ではありません。
今、島根県内の非正規労働者の割合は36%、ひとり親家庭は1万世帯を超えています。老人介護を抱える家庭の増加も予想されます。
非正規労働者同士のカップルは子育てはおろか結婚すらためらいます。
彼らが年齢を重ね高齢者になったときの暮らしはどうなるか想像してください。
今の暮らしを維持するのに必死な人たちは蓄えも少なく、はたして年金だけで暮らしていけるでしょうか。
そして非正規労働者は今、不真面目に生きているのでしょうか。
机を並べて同じ仕事をしていても正規、非正規の格差は広がるばかりです。
そして女性の場合はさらに結婚、出産、育児と様々に状況が変わります。
一度、出産や育児で離職した場合、同じ条件で再就職ができるか不安なので子供を諦めて無理矢理、仕事を続ける。
子育てにかかる養育費を考えると二人目、三人目の子供を作るのはためらわれる。
仕事や収入のために子供を産むのを諦めた女性や家庭はたくさんあるはずです。
これらは今、向きあうべき課題です。
行政の役割とはなんでしょうか。
政治のすべき事はなんでしょうか!
寒い夜が来るたびに、コーヒー牛乳のパックを見るたび、友人が話してくれた孤独な老人の死を繰り返し繰り返し思い出します。
困っている人が声を上げられるようにしたい、その人たちの代わりに政治に声を届けたいと心の底から思います。

-ブログ

関連記事

インスタグラム密やかに始めました!

大国ふみてるのインスタ始めました。みなさん登録をぜひお願いします。 今やSNSはインスタ、LINEの時代ですがインスタ映えできる写真を撮る自信がなくて控えていました。後援会に写真が得意な方がいるので習 …

大国ふみてる最終演説会

選挙戦の最終日である4月6日(土)には、9日間の選挙戦の締めくくりとして最終演説会を行います。 大国ふみてるの最後の訴えをぜひ聞きにいらしてください。 開催概要 日時 : 4月6日(土)19時30分か …

農業はいのちをつなぐ大切な仕事

専業農家で有機農業をやっていた時の事を思い出しました。 特別養護老人ホームの職員さんに教えてもらったのですが、 「立派な方というか、がんちくのある方は農家さんだった人に多いです」とか。 農家は天候や虫 …

本日7日(金)午前中の遊説予定です。

デイサービスにいる祖母の車とすれ違いました

昨日の話なんです。 斐川公園でトイレ休憩をしました。 あまりに桜は今が見頃で特にしだれ桜が見事です。 見事すぎて写真を撮り忘れるほど。 皆さんよくご存じでデイサービスの車が何台も遠足に来ています。 帰 …

衝撃!農協のコンビニ

衝撃です!!!出雲のお年寄りはファミリーマートの事を 「農協のコンビニ」 と呼ぶのだと知りました。 ファミマのフランチャイズをJAがやっているからですが、都会的でスタイリッシュなファミマが一瞬で身近に …

■大国ふみてる事務所


島根県出雲市江田町82-5
tel /  0853-24-7085
fax / 0853-21-1600

大国史英Facebook

大国史英討議資料ダウンロード