ブログ

大切にされてきたもの

投稿日:

中山間地を歩いていると地元の皆さんが大切に守り伝えている祠や石神に出会います。春の花が供えられていたり、綺麗に回りが掃除されているのを見ると清々しい気持ちになります。足を止めて拝んでいたら畑の向こうから話しかけられてついつい話しこんでしまいます。お供えされた花は人に見せるためではありません。目に見えない世界が暮らしの中に生きている出雲は凄い場所なのだと思います。インバウンドで外国人に日本人の信仰を紹介するなら大きな神社とあわせて、こんな祠や石神を紹介するべきではないでしょうか。

 

 

-ブログ

関連記事

人と野生の生き物が共存するには

獣害防止の電気柵です。山に近い所に行けばいたる所で見られます。戦後の度重なる杉の植林でドングリなどの木の実や山菜を食べていた獣たちは山に食べるものがありません。なので里に降りてきて農産物を食べるわけで …

駅の自動改札機

今さらですが山陰に自動改札が登場

ちょっと前の写真ですが、JR出雲市、松江市、米子市駅に自動改札が登場しています。 ここ最近、出雲、松江間をJRで移動することが多いのでご厄介になってます。 始めて都会で自動改札を見た時にはそりゃ通り抜 …

農と安全な食のある暮らしを守りたい。

農のある暮らし

スーパーから野菜が消えたり一斉に値上がりする事がよくあります。同じ野菜を大量に安く生産するのに大規模に産地化される傾向があります。 自然災害などで産地に被害が出れば当然、一斉に野菜が品薄になるわけです …

笑いあり、涙ありの後援会の事務所開きでした!

先日から予告しておりました大国ふみてると出雲を耕す会 後援会事務所開きを行いました。後援会長の米山ひろしさんの挨拶に始まり、連合島根から仲田 敏幸会長、立憲民主党島根県連合から亀井亜紀子衆議院議員、岸 …

巨木も一粒の種から

どんなに大きな木であってもその始まりは小さな一粒の種です。 優れた種をいかに残せるかが子孫繁栄のキモ。 種子法の廃止によって遺伝子組み換えの種が流通する可能性がでてきました。 病気に強く、収穫量も多い …

■大国ふみてる事務所


島根県出雲市江田町82-5
tel /  0853-24-7085
fax / 0853-21-1600

大国史英Facebook

大国史英討議資料ダウンロード