ブログ

斐伊川土手の夕暮れと不運の松江藩主

投稿日:

  • 夕暮れ時の斐伊川土手は出雲に住んでいる人間にとって誰もが一度や二度は見た事がある自分の原風景にあたるものではないでしょうか。
    学生の頃、東京のビルの谷間の夕焼けを見て思い出すのは広々とした斐伊川の風景でした。この斐伊川の若狭土手の工事は松江藩が京極若狹守忠高の治世だった時に始められます。堀尾吉晴、松平直政の間に挟まれて京極忠髙はほとんど知られていませんが、これだけの大土木工事に着手しようとしたのだから松江藩の将来にビジョンをもって取り組んだに違いありません。治水は防災であり産業振興であり雇用を生み出します。もちろん膨大なコストを回収するには長い年月がかかりリスクは大きいですが。政治には常に将来ビジョンが必要で、この難工事を成し遂げた先の豊かな国土が京極忠髙には見えていたのでしょう。もっと評価されていいのでは?不運の藩主の名前が土手に残されていた事、若狹という出雲と海流でつながる日本海側の地名である事、いろんな事を夕暮れを見ながら想像しました。

-ブログ

関連記事

最後のお願いです。

大国ふみてる 最後のお願いです!

皆さんにお願いです。 本日中8日(土)の午後11時59分まで。 出雲市に友人、知人がいらっしゃる方、メール以外の方法(ホームページ、ブログ、Facebookのメッセンジャー、LINEなど)で大国への投 …

子育ては未来への種まき

子育ては未来への種まきです!

5日(水)の午前中に斐川町をぐるぐる。 新しい住宅地や団地で子育てについてお話させてもらいました。 子育ては未来への種まきです。 未来を託す子ども達のために、よりよい地域や環境を整えていくのは大人の役 …

簡易郵便局と記念切手が素敵でした

車で移動するので大きな郵便局についつい出かけてしまいます。 しかし地図でみると簡易郵便局がわりと近くにあるようなので行ってみました。 ちょっと奥まった場所にあって今まで気がつかなかったようです。 中に …

文字を追っていると寝てしまうので、あんまり本を読むことがなかったけど、面白くてノンストップで読めた。買ってからしばらく放置していたことを悔やんだ。膝が痛いけど、やる気が出た。

久々に「自主独立農民という仕事」を読み返しました

文字を追っていると寝てしまうので根を詰めて本を読むのは苦手なのですが、面白くてノンストップで読めた「自主独立農民という仕事」。読んだあと、買ってからしばらく放置していたことを悔やみました。 この本は木 …

事務所が賑やかです

最近、事務所が賑やかです

昼間はバタバタしてあまり事務所にいないのですが、ふらりと帰ってみると僕のいない事務所は妙にワイワイガヤガヤと賑やかです。 くつろげるようにエスプレッソメーカーを置いたのがよかったのでしょうか。 僕がい …

■大国ふみてる事務所


島根県出雲市江田町82-5
tel /  0853-24-7085
fax / 0853-21-1600

大国史英Facebook

大国史英討議資料ダウンロード